About us会社案内

株式会社ジェイ・プラス
代表取締役社長

山口 慎吾

トップメッセージ

株式会社ジェイ・プラスのウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。 当社のウェブサイトをご覧いただいている皆様に一言ご挨拶申し上げます。

当社は軟質塩ビ製品の主原料である可塑剤の専業メーカーです。当社の製造・販売する可塑剤は軟質塩ビ樹脂となって幅広い用途、例えば電線の被覆材、床材や壁紙といった建材、自動車用のコーティング材、食品用フィルム等に使われています。塩ビ樹脂は他の樹脂と比べるとエネルギー消費や環境負荷が低く、環境に優しい素材です。その他にも安価であり、加工性、耐久性、難燃性、リサイクルにも優れているといった特徴があります。バランスのとれた良い樹脂であるため、私たちの生活に欠かせない材料と言えます。その塩ビ樹脂に柔軟性を付与するのが可塑剤です。当社は軟質塩ビ樹脂製品を通して皆さまの便利で安全なくらしを支えております。

ところで、フタル酸エステルにつきましては過去より発がん性や内分泌かく乱作用、生殖毒性で有害性を疑われてきました。特に欧州ではDOPが生殖毒性で規制の対象となっています。私たちはこれまで有害性の指摘に対してはハザードと曝露に基づくリスクの検証を行ったうえで安全であることを結論付けてまいりました。その詳細な内容は可塑剤工業会のウェブサイトに掲示されておりますので是非ご覧ください。世界的に安全性や環境保護についての認識は高まってきておりますが、今後とも安全性に関する問題につきましては真摯に取り組み、お応えしていく所存です。

これからも当社は安全性の確認を怠らずお客様のニーズにマッチした可塑剤を提供することで便利で安全なくらしに貢献してまいります。皆さまからのさらなるご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ジェイ・プラス
代表取締役社長

山口 慎吾

会社紹介

株式会社ジェイ・プラスは2000年4月協和発酵工業社(現KHネオケム株式会社)と三菱化学社(現 三菱ケミカル株式会社)が両社の可塑剤事業を統合して設立した国内最大の可塑剤の製造・販売メーカーです。

 両親会社は可塑剤原料のオキソアルコールメーカーなので当社は原料から一貫した強みを持っていますが、原料に止まらず親会社の経営資源をフルに活用した経営を行っています。

また、当社は豊富な品揃えを有しており、汎用可塑剤としてのフタル酸エステルはじめ、特殊フタル酸エステル、アジピン酸エステル、ポリエステル等のラインナップでお客様の多様なニーズにお応えすることができます。新しい可塑剤の開発にも注力し、テレフタル酸エステルもアイテムに加えました。

汎用可塑剤の生産プラントとしては関東地区に2工場、中京地区に1工場がありますが、同業他社との協業を含め東西での生産を実現することにより、品質の確保と物流の効率化を両立し、且つ自然災害等の緊急時に事業継続できる態勢を整えています。
私たちは、可塑剤のリーディングカンパニーとして社会的使命を果たして参ります。

株式会社ジェイ・プラス

社名
株式会社ジェイ・プラス  J-PLUS Co., Ltd.
設立
平成12年4月1日
資本金
4億8千万円
株主
KHネオケム株式会社(50%)
三菱ケミカル株式会社(50%)
従業員数
17人
代表者
代表取締役社長 山口 慎吾
代表取締役営業本部長 山城 啓一
事業内容
各種可塑剤の製造並びに販売
組織図
事業所所在地
本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-4-2 東山ビルディング6階
TEL 03-3516-0345(代表) FAX 03-3516-0352
大阪営業部
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル8階
TEL 06-6341-8170(代表) FAX 06-6341-8177
川崎工場
〒210-0865 神奈川県川崎市川崎区千鳥町1-2
千葉工場
〒290-8560 千葉県市原市五井南海岸11-1
四日市工場
〒510-8502 三重県四日市市大協町2-3

Contact Us

お問い合わせ

Tel.03-3516-0345