DOPSDS

化学名:
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
構造式:
分子式:
C24H38O4
分子量:
391
即存化学物質No.:
3-1307
CAS No.:
117-81-7
TSCA:
記載あり
EINECS:
204-211-0

DOPは塩化ビニル樹脂用可塑剤として、最も広範囲に使用されている代表的な汎用可塑剤です。ほとんどの塩化ビニル樹脂製品の配合例はDOPが基本となっています。その理由は個々の性能がほどよくバランスし、かつ価格ともつり合っているところにあります。
DOPで可塑化された塩化ビニル樹脂製品は一般的に、低温柔軟性、熱安定性、耐摩耗性、耐熱老化性にすぐれ電気絶縁性も良好です。更にグリース、鉱物油、水および石鹸水による抽出に対しても、すぐれた耐久性をもっています。DOPはプラスチゾルの可塑剤としても適度な粘度、および粘度安定性を示し、各種のコーティングやスラッシュモールディング等に広く使われています。

[関係法令]

消防法:
危険物第4類第4石油類
労働安全衛生法:
通知対象物質
危険物船舶運送
及び貯蔵規則:
該当せず
海洋汚染防止法:
Y類物質
化学物質管理促進法
(PRTR法):
第1種指定化学物質
化審法*1:
優先評価物質

*1化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律

[一般的性質]

外観・臭い等 殆ど無臭の透明な液体
沸点(℃,101.3kPa) 386
融点・凝固点(℃) -50
比重(20/20℃) 0.986
蒸気密度(空気=1) 13.46
屈折率(25℃) 1.484
蒸気圧(Pa,68℃) 6.7×10-3・160(200℃)
粘度(mPa・S,20℃) 80
表面張力(N/m,20℃) 31.9×10-3
比熱(kJ/Kg・K) 2.4
蒸発熱(kJ/mol) 123
膨張係数(℃当り) 0.00076
水への溶解度(mg/L, 20℃) 0.003
引火点(℃,開放) 218
発火点(℃) 400
爆発範囲(vol %) 0.1~測定値なし

[軟質DOP性能]

(1mmシート・50PHR)

  可塑化効率 1.00
引張試験  
抗張力 (MPa) 23.1
伸び (%) 353
100%M (MPa) 11.3
硬度 90
揮発減量  
87℃*1日 (%) 3.6
87℃*6日 (%) 18
低温柔軟温度 Clash-Berg(℃) -24
抽出試験  
ケロシン
23℃*1日
吸油率(%) 4.4
可塑剤損失(%) 16
洗剤(1%)
50℃*4日
吸水率(%) ▲0.3
可塑剤損失(%) 2.9
耐熱老化性試験  
<100℃*5日>
抗張力残率
(%) 97
伸び残率 (%) 75
100%M (MPa) 18.4
重量変化率 (%) 7.8

Contact Us

お問い合わせ

Tel.03-3516-0345